皮膚科の薄毛対策や植毛はAGAという問題を乗り越える方法

薄毛になってしまう原因から解決する方法

原因と対策を知る

男性の薄毛の原因と改善

我が国で薄毛に悩む男性は、約1000万人もの数にのぼると言われています。 そこで市場には数多くの育毛に関する商品が販売されていますが、誰もが望むような成果をあげるものを見つけるのはなかなか困難なようで、改善に懐疑的であったりもしくは諦めている人も少なくないのです。 男性の薄毛の原因のほとんどは、男性型脱毛症(AGA)によるものとされています。 なぜAGAになるのかといった理由は、実はまだ完全には解明されていません。 しかし、AGAの人の血中には男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)の濃度が高くなっており、しかもこの濃度が高くなるほどAGAが進行していくことが研究の結果判明しています。 つまり、DHTを抑制すれば、AGAは改善できると考えられるのです。 このように、薄毛の原因が解明されるにつれ、改善の道も開けてきています。 なお、DHTを抑制する治療は、病院の皮膚科や美容皮膚科で行われており、この改善法が広く知られるようになったことから、年々治療を始める人が増えてきています。

AGAの治療方法と注意点

AGAの治療は、病院の薬物療法で行われています。 使用される薬剤は先にもあげたDHTを抑制するものと、もう1つは血行を良くし発毛を促すものの2つです。 DHTを抑制する薬剤は、フィナステリドという成分が含まれたプロペシアやフィンペシアがよく知られています。 血行を良くして発毛を促す薬剤は、ミノキシジルが有名です。 これらは即効性があるものではなく、最低でも6ヶ月以上と長期間使用することで効果があらわれるとされています。 そのため、ある程度費用がかかることを考慮する必要があるのです。 こうしたことから、多くの人が薬価の安い海外から個人輸入でこれらの薬剤を手に入れています。 しかし、薬剤である限り体質や持病によっては副作用の心配も考えられることから、個人輸入で入手する前に、必ず病院で受診し薬剤を処方してもらってから考えるべきとされています。